読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

色彩を持たない多崎つくると、彼の巡礼の年

読み終わった。
感想としては、意外とシンプルな話だった。
そんなに長い話でもない。

前作の1Q84が、わりとアクティブな、ファンタジーと言ってもいい作品だったのに対し、今回の作品はとてもシンプルで、なかなか意外だった。
でも、読ませる。

村上ワールドは健在。
とてもいい小説だった。