読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

Macでrtmpdumpを用いてらじるらじるを録音する

 こんにちは。

このブログを解説したのは、実はこの問題がきっかけなのです。
NHKのラジオがネットで聞けることで有名ならじるらじるですが、これを録音するには様々な方法があります。
例えばWindowsであれば、フリーソフト「radika」を使う方法。あるいはUNIX系のOSであれば、rtmpdumpを使う方法や、mplayerlameを使う方法。
MacUNIX系OSなので、上記二つの方法が使える訳ですが、mplayerlameを用いるものは、lameを使って再エンコードしているので、音質が悪くなったり、サイズが無駄に増えてしまう可能性があります。
一方rtmpdumpを用いる方法では、ストリーミングを直接ダウンロードするので、音質の劣化がなく、サイズも非常に小さいというメリットがあります。
そこでここでは、Macでrtmpdumpを用いる方法について説明します。


といっても、このサイトのrubyスクリプトを使うだけです。
らじるらじるの録音のコマンド - ブックマクロ開発
ですが、ここで問題になるのがrtmpdumpのバージョンです。
私はHomebrew を使ってパッケージ管理をしているのですが、普通にターミナルで、
brew install rtmpdump
とインストールすると、バージョン2.3のものがインストールされてしまうのだが、この状況でスクリプトを用いると、エラーが出て録音できません。
正常に使うためには、バージョン2.4のrtmpdumpが必要です。

そこで色々調べてみたのですが、日本語のサイトでインストールの仕方が書いてあるものが見つかりません。英語のサイトを見たところ、やっと見つかったのでここに書いておきます。
brew install --HEAD rtmpdump 
とすれば、バージョン2.4がインストールされます。試しに、
rtmpdump -v
とタイプしてみて、
RTMPDump v2.4
(c) 2010 Andrej Stepanchuk, Howard Chu, The Flvstreamer Team; license: GPL
ERROR: You must specify a hostname (--host) or url (-r "rtmp://host[:port]/playpath") containing a hostname
と出て来たら成功です。

あとは、上記スクリプトを用いて録音が可能です。
rubyで書かれたスクリプトなので、適当にradiru_rec.rbなどと保存して下さい。
使い方については、上記サイトを参照して欲しいのですが、例えばNHKFMを60秒、test.m4aというファイル名で録音したければ、
ruby radiru_rec.rb -c fm -t 60 -o test
とターミナルに打ち込みます。
NHK第一、二であれば、fmのところをr1,r2と変更して下さい。

また、Automator等を使えば、録音を予約しておくこともできるのですが、それはまた時間があれば書きます。

このスクリプトを使うと、指定したファイル名で.m4aファイルが作られると思いますが、このファイルはこのままではなぜかiTunesQuickTime Playerでは再生できません。
これを再生できるようにする方法は、次回書くことにします。

*2013/1/20 スクリプトの使い方等について追記